So-net無料ブログ作成

アベノミックス総括 (1)巧言令色鮮し仁・・・ [政治経済]

少子高齢化が進行し、総人口の減少は勿論だが、働く事の出来る年齢層の人口が極端に減り、働きたくとも働く事の出来ない高齢者層の割合が極端に増加している。我が国の社会も成熟期に突入してしまった。成長期から成熟期への政策転換が必要である。政府は現行の社会保障制度が持続可能でない事を率直に語るべきだ。「高齢者が活躍出来る社会」等と云う耳触りの良い言葉で「負の側面」を隠してはいけない。数少ない若い世代の負担を軽くする為に高齢者も「働ける間は働こう」そして「収入の有る内は保険料を払い社会保障費の負担をする」然し、老いや病で本当に働けなくなった時には、しっかりと国が老後の面倒を見る社会保障制度に根本から変えなければならない。残念ながら、政府の戦略は、夏の参議院選迄は厳しい事は何も言わず、ただ美辞麗句を並べたて70歳迄の雇用延長だけを打ち出し、働きたい高齢者の人気取りに徹する様だ。勿論、トリクルダウンを期待する大企業や富裕層に大きな負担を掛ける選択肢もない。
vcm_s_kf_m160_160x120.jpg  
nice!(62)  コメント(1) 

nice! 62

コメント 1

johncomeback

ご訪問&nice ありがとうございます。
僕は今年3月で定年退職ですが再雇用されます。
時給制で週休3日、収入は激減しますが
夫婦二人でなんとか食べていけそうです(*´∇`*)
by johncomeback (2019-01-11 23:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント