So-net無料ブログ作成
検索選択
原発再稼働と輸出 ブログトップ

菩薩様の名に恥じぬ研究を [原発再稼働と輸出]

原発再稼働を認め、輸出も検討するならば、冷却材ナトリューム噴出事故以来中断している高速増殖炉「もんじゅ」の試運転は躊躇なく再開しなければならない。原子力発電は燃料のリサイクルあって始めて核燃料の使用量及び使用済み核燃料の削減も可能になり存在価値が生まれる。燃料リサイクル無くしては廃棄場所のあても無い使用済み核燃料を無尽蔵に増やしてしまい、地球は人類の住めない星となり果てる。                                      既に「ふげん」を廃炉にし、又もや長期間放置して来た「もんじゅ」を再開するか否か今更検討するとは無責任極まりない。新型原子炉「ふげん」及び高速増殖炉「もんじゅ」命名時の推進派学者達の意気込みは何処へ行ってしまったのか?政府が中心となり我が国最先端の叡智を結集し、早期に核燃料のリサイクルを完成させるべきである。名を戴いた菩薩の名を辱める事の無い様に願いたい。米、仏は既に高速増殖炉の開発を中断していると云うが、ロシアでは「もんじゅ」の3倍の発電能力もあり冷却材に同じ金属ナトリュームを使用する高速増殖炉の試験運転に成功したとの情報もある。遅きに失した感もあるが、政府は原発を推進して来た責任上、国力を振り絞っても原発が安全でクリーンな電力の供給源となる研究を強力に推進し、世界に其の成果を公表する責務がある。万が一にも我が国が高速増殖炉研究を中断するならば、輸出は勿論だが此の国の原子力発電も即座に中断すべきである。そして、廃炉にする場合の計画と総費用を算出し国民に示し謝罪すべきだろう。この様な状況の中、例え平和利用と云われようが、新幹線輸出を考慮しようが、地球上で只一つの核爆弾被爆国である我が国がNTP加盟国以外への積極的な原発輸出の商談は無責任の誹りを免れないだろう。

*高速増殖炉は、原発の使用済み燃料から回収したプルトニウムを燃料として再利用する核燃料サイクルの中核を担う技術として期待されている。「もんじゅ」は発電しながら使用燃料の1.2倍の燃料を増殖するように設計されている資源小国にはもってこいの発電設備である。核兵器の原料となるプルトニウムを燃料として再利用する為核兵器以外にもプルトニュームの用途が生まれる。但し、冷却材として用いる液体ナトリユームの取り扱いが難しく「もんじゅ」の事故も其の為に発生した。(自然界にあるウランの99.3%はウラン238で核分裂し難く、核燃料とならない。高速増殖炉では使用済み燃料に多く含まれるウラン238に炉内で発生させた中性子を減速させず当て、核分裂の容易なプルトニューム239に変える。) 


原発再稼働と輸出 ブログトップ