So-net無料ブログ作成
検索選択

人類の未来に明るい灯を [科学]

古代人は2足歩行が出来る様になると、空いた手で物を作り、狩や農耕を覚え生活を容易にした。そして他の動物達が最も恐れた火さえ制御する術を知り、煮炊きを覚え生活を豊にして行った。やがて其の火で水を沸騰させ、蒸気機関や、発電に結びつけ大きなエネルギーを手中に収め、現代の繁栄を築いた。

他の動物達が恐怖の余り火を遠ざけ、繁栄の道を閉ざしたと同様に現代人も原子の火を恐れ遠ざけるばかりでは明るい未来は拓けない。核分裂に依る巨大なエネルギーを安全に制御する術を手中に収め、初めて飛躍的に未来が拓けて行くものと思う。勿論、使用済み燃料の安全な処理を始め、原子力事故を未然に防ぐ諸々の技術を開発し習得する事こそが求められる最重要課題である。新たな化石燃料や風力、太陽光、地熱、等のエネルギーは原子力安全利用の技術を手中に収めるまでの一時凌ぎに過ぎない

原爆により核の恐ろしさを体験した世界で唯一の国日本が、平和利用と云う美名に惑わされ、物欲に眼が眩み使用後燃料の処理や事故の対策を持たぬ儘、此の狭い国土に...何と五十数基もの原子力発電設備を稼働させていた。そして1911311日のあの事故である。其の後2年半も過ぎた現在も収束が付かない侭、放射能の拡散は続いている。

事故以来原発を原則停止し、現在稼働中の原発は零である。それでも我が国の電力は賄えている。其れなのに何故今更原発か?

其れは例え此の国が脱原発を実施しても、隣国の中国韓国増設を公表している中国や北朝鮮に到っては、核武装も進行中だ。上空に偏西風が流れる立地上、万一の場合には、被害が此の国に振りかかる事は明白である。原発廃止や脱原発を唱える識者達は之にどう対処するお積りか?

東北地方大震災福島第一原発事故発生時には全世界から多くの御支援を戴いた。政府は、自国の技術を信頼せず、米仏両国の技術頼みで原子炉冷却と放射能低減作業に依る事故の収束を図った。其の後、之等をスペアーに廻し、東芝製のサリーで冷却水還元と純化に当たって居た。処が之も故障し汚染水処理が出来ない状態になっている。スリーマイル島事故後、暫く建設を停止していた米国も原発再開を宣言している。今更、脱原発等と声を荒げ、人類が叡知を傾け開発した第3の火を消し、輝かしい未来を葬り去る事の無い様に心掛けたいものである。                                                                             現在考えられている核燃料リサイクルは既に破綻している。原発は停止していても莫大な経費が懸って居る。加えるに廃炉に懸る年月や費用、使用済み燃料をリサイクルせず保管するにしても、其れに関わる諸々の問題が山積している。原子力規制委員会が発足して今日で1年を迎える。人材教育まで手が回らないと云う。活断層の判定でさえ専門家同志異なる意見を持つ。然し

我が国の研究や利用技術は世界でも先端をゆく。研究機関の人材や学者を総動員し、唯、事故対策だけに終わらせる事なく、此れまでに積み上げて来た研究や利用技術を更に進化発展させ、安全で効率の良い原子力発電の装置を完成する事こそが我が国に与えられた使命である。完成の暁には隣国からの放射能禍も勿論解消され、此の国の技術を信頼し原発の輸入を計画している国々や、大震災時に積極的に支援の手を差し伸べてくれた国々への恩返しにもなる様に思う。
よりもpm2.5等に依る環境汚染や温暖化等で気象を激変させ地球環境を破壊する化石燃料の時代を早く卒業し、人類の未来を拓くクリーンで安全で巨大なエネルギーを持つ第3の火を灯す事が求められる。      平成13年9月19日so-netblogより再掲載 




30年後の孫達を思って [科学]

先日、孫の入学式があった。此の子等が社会人となる頃の世の中はどう変わっているだろうか?私達の生活に欠く事の出来ない電力の基本となるエネルギーの問題を中心に少し考えてみました。
現在の儘、化石燃料を継続利用しては温暖化が益々進み、地球は人間の住めない星になってしまいます。その意味では原子力発電はある種クリーンに電力を供給出来る方法であるかもしれない? 先日、福井地裁で関西電力の高浜原発3,4号機の稼働を差し止める仮処分が決定した。一方、鹿児島地裁では川内原発の運転差し止め仮処分申請を却下する判決が出された。其々異なる判決が出され、司法判断が二分した。然し、両地裁の判断は、飽く迄稼働中の原発の安全性を考慮して為された判断であると言える。
然し、原発の耐用年数は40年と定められている。40年経って再審査に合格すれば、最長20年間の稼働を認められる。既に耐用年限が到来し、審査請求の出ている原発が十数基あると聞く。福島原発の事故当時、我が国の原発は50数基稼働していた。今から4年ほど前の話だ。とすると、今後30数年の間に此の国の原発の大部分は耐用期限を迎える事になる。万一耐用期限の延長が認められても、何れ廃炉に到る運命である。処が此の廃炉が又々大問題である。         廃炉後の原発について考えてみる事にする。 事故後30数年経過した例のチェルノブイリ原発も廃炉後の石棺維持管理作業に難渋していると聞く。石棺作業完了後も放射能が人体に与える影響を考慮すると、元素によっても異なるが、かなり長期間石棺の維持管理を継続し、放射能漏れの無い状態を保ち続ける必要が有る。(物理的半減期を参考)例えコンクリートと鉄筋で固めた石棺と雖も数十年で劣化が始まる。其の修復管理作業は放射能が人体に与える影響が無くなる迄継続しなければならない。現在、わが国にある原発も30数年から50年の間には全て石の棺桶で覆う作業に取り掛かる必要が有る。跡地の再利用は難しい。現在原発のある街は石の棺桶に囲まれたゴーストタウンと化す。石棺及び使用済み核燃料の保管と関連諸設備の維持管理は現在の知見では、ほぼ永遠に終わらせる事は出来ないと云はれる。私企業である電力会社にその様な事は出来ない。此れ等に関わる費用を原価参入した場合、私企業の採算性を保つ事は不可能である。原発を再稼働しても、脱原発をしても、耐用年限経過後の廃炉処理及び廃炉後の維持管理は私企業には不可能である。国が税金で行う他ない。廃炉後の石棺及び使用済み核燃料保管場所の維持管理に関しては、未だ、我が国の科学的知見は研究の域を脱して居らず、今後の研究が待たれている。国家主導で此れ等に関わる問題の更なる研究を強力に推進しなければならない。                             その様な訳で現時点で原子力発電を推進する事は無責任の極みである。科学が進歩し、やがて核に依る放射能が人体に及ぼす被害を無くす事が可能になる迄、原発は暫時停止し、風力、水力、太陽、地熱、波力、等々の自然エネルギーを効率良く利用する事を推進すべきではないか?又、最近原発推進を社是とする電力会社及び一部協力科学者の間で、未だ開発途上でしか無い多くの問題を抱えた此の原発の耐用年数延長が話題に為り始めている。先の事故の反省も無い儘、利益の為ならどのような危険も厭わない物騒な輩が世の中に蔓延る前に何とかしなければならない。

      



                                     


脱原発の是否 [科学]

古代人は2足歩行が出来る様になると、空いた手で物を作り、狩や農耕を覚え生活を容易にした。そして他の動物達が最も恐れた火さえ制御する術を知り、煮炊きを覚え生活を豊にして行った。やがて其の火で水を沸騰させ、蒸気機関や、発電に結びつけ大きなエネルギーを手中に収め、現代の繁栄を築いた。

他の動物達が恐怖の余り火を遠ざけ、繁栄の道を閉ざしたと同様に現代人も原子の火を恐れ遠ざけるばかりでは明るい未来は拓けない。核分裂に依る巨大なエネルギーを安全に制御する術を手中に収め、初めて飛躍的に未来が拓けて行くものと思う。勿論、使用済み燃料の安全な処理を始め、原子力事故を未然に防ぐ諸々の技術を開発し習得する事こそが求められる最重要課題である。新たな化石燃料や風力、太陽光、地熱、等のエネルギーは原子力安全利用の技術を手中に収めるまでの一時凌ぎに過ぎない

原爆により核の恐ろしさを体験した世界で唯一の国日本が、平和利用と云う美名に惑わされ、物欲に眼が眩み使用後燃料の処理や事故の対策を持たぬ儘、此の狭い国土に...何と五十数基もの原子力発電設備を稼働させていた。そして1911311日のあの事故である。其の後2年半も過ぎた現在も収束が付かない侭、放射能の拡散は続いている。

事故以来原発を原則停止し、現在稼働中の原発は零である。それでも我が国の電力は賄えている。其れなのに何故今更原発か?

其れは例え此の国が脱原発を実施しても、隣国の中国韓国増設を公表しています中国や北朝鮮に到っては、核武装も進行中です。上空に偏西風が流れる立地上、万一の場合には、被害が此の国に振りかかる事は明白です。原発廃止や脱原発を唱える識者達は之にどう対処するお積りか?

東北地方大震災福島第一原発事故発生時には全世界から多くの御支援を戴いた。政府は、自国の技術を信頼せず、米仏両国の技術頼みで原子炉冷却と放射能低減作業に依る事故の収束を図った。其の後、之等をスペアーに廻し、東芝製のサリーで冷却水還元と純化に当たって居た。処が之も故障し汚染水処理が出来ない状態になっている。スリーマイル島事故後、暫く建設を停止していた米国も原発再開を宣言している。今更、脱原発等と声を荒げ、人類が叡知を傾け開発した第3の火を消し、輝かしい未来を葬り去る事の無い様に心掛けたいものである。                                                                             現在考えられている核燃料リサイクルは既に破綻している。原発は停止していても莫大な経費が懸って居ます。加えるに廃炉に懸る年月や費用、使用済み燃料をリサイクルせず保管するにしても、其れに関わる諸々の問題が山積している。原子力規制委員会が発足して今日で1年を迎える。人材教育まで手が回らないと云う。活断層の判定でさえ専門家同志異なる意見を持つ。然し我が国の研究や利用技術は世界でも先端をゆく。研究機関の人材や学者を総動員し、唯、事故対策だけに終わらせる事なく、此れまでに積み上げて来た研究や利用技術を更に進化発展させ、安全で効率の良い原子力発電の装置を完成する事こそが我が国に与えられた使命である。完成の暁には隣国からの放射能禍も勿論解消され、此の国の技術を信頼し原発の輸入を計画している国々や、大震災時に積極的に支援の手を差し伸べてくれた国々への恩返しにもなります。

よりも、pm2.5等に依る環境汚染や温暖化等で気象を激変させ地球環境を破壊する化石燃料の時代を早く卒業し、人類の未来を拓くクリーンで安全で巨大なエネルギーを持つ第3の火を灯す事が求められています。

原子力発電 [科学]

古代人は2足歩行が出来た事で、空いた手で物を作る事を覚え,狩や農耕に成功し繁栄を手中に収めた。  

そして、あらゆる動物がもっとも恐れていた全てを焼き尽くしてしまう火を制御する術を知り、煮炊きを覚え生活を一層豊かにする事に役立てた。やがて、火力で水を沸騰させ蒸気機関や、発電に結びつけ大きなエネルギーを生み出す事に成功し現代の繁栄の基礎を作った。

他の動物達が恐怖の余り、火を遠ざけ、繁栄の道を閉ざしたと同様に現代人も核分裂に依る原子の火を恐れ 遠ざけるばかりでは明るい未来は拓けない。核分裂に依る巨大なエネルギーを安全にコントロールする術を手中に収めて初めて飛躍的に未来が拓けて行くものと思う。勿論、其れには使用済み核燃料の安全な処理を始め、想定外等と云わずに全ゆる原子力事故を未然に防ぐ知識と技術を開発し習得する事こそが、求められる最重要課題である。再利用可能エネルギーの問題等はこれ等の技術を習得するまでの一時凌ぎに過ぎない事を肝に銘ずべきである。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。