So-net無料ブログ作成
検索選択
古美術鑑賞 ブログトップ

逸品揃いで仰天 [古美術鑑賞]

富津市金谷の旧名主鈴木家が建てた地元の房州石をあしらった建造物「金谷美術館」を拝見させて戴いた。展示場では特別展「麗しき宮中」と「華やぐ浮世」を開催中でした。展示物は名品揃い。第一部の麗しき宮中は岡本豊彦「和歌三聖之図」を始め小堀鞆音「嵯峨野之秋図」師宣「元禄美人図」文晁「朝陽鳳凰図」応挙「鷹狩図」土佐光起「源氏物語絵図)等々。焼物は楽長次郎の黒楽茶碗 銘「呼西金号)道入は黒楽茶碗 銘「松風号」 赤楽茶碗 銘「蝉丸号」等々 第二部華やぐ浮世は菱川師宣を始め勝川春章、葛飾北斎、等々逸品揃いで、流石旧家廻船問屋で房州石を一手に引き受けていた篤志家の所蔵品。思いがけない目の保養で優雅な一日を過させて戴きました。


田中一村展を見て [古美術鑑賞]

今日は時間が有りましたので、近所の美術館で開催されている、一村展を見て来ました。
我が町の医家を訪ねての襖絵が有りました見事でした。この町にも足跡が有ったのかと感慨無量です。
不遇の在葉時代に蓄えた構想で奄美にてあの透明で大胆で明るい彼独特の画法を産み出したのかと感激しました。ダリの温かさに比べ透明で一途な一村を感じました。
古美術鑑賞 ブログトップ