So-net無料ブログ作成
検索選択

二本松少年隊 [旅行]

3月下旬、久し振りに岳温泉に遊んだ。東京駅は22番線ホームで落ち合い、郡山駅で東北本線に乗り換え二本松駅に降り立つ。駅舎を出たとたん、先ず目に付いたのが鉢巻をキリリと締め、刀を振りかざした少年の像である。・・・・台座には・二本松少年隊士像・「霞城の太刀風」・と刻まれている。
鳥羽伏見の戦いに続き、戊辰戦争が始まり、京都守護職であった会津藩主松平容保を目の仇と狙う薩長連合の官軍は錦の御旗を掲げ、会津は鶴ヶ城を目指し怒涛の進撃を開始した。東北諸藩は、「奥羽越列藩同盟」を結成し之に立ち向かった。・・・・其の頃、二本松藩では西洋流砲術師範の長男木村銃太郎が、江戸での修業を終え二本松に戻り、砲術指南をしていた。(NHKの大河ドラマ「八重の桜」でも取り上げられた、二本松藩の少年隊は銃太郎と其の門下生=13歳を最年少とするあどけない少年ばかりである。)・・・・二本松藩は各藩に応援兵を出し、中でも白河小峰城へ出した援軍の武士達が戻らぬ内は、城内、城下は空虚同然であった。折しも7000を超える新政府軍は周辺にまで迫り、猛烈な勢いで攻め込んで来た。城を守る正規軍は殆どおらず、僅かな老兵と銃太郎率いる少年隊があるのみ。城代家老で軍事総督の丹羽富穀は、止むを得ず、断腸の思いで木村銃太郎を隊長とする此の少年達に出陣の許可をした。銃太郎率いる砲術部隊は最大の激戦地、城南の大壇口(おおだんぐち)に出陣、門下生16人を含む25人の少年隊士は果敢に応戦した。他に12歳から17歳の少年も此れに續き、合わせて62人の少年達が官軍に立ち向かった。然し、多勢に無勢、刀折れ矢弾尽き、少年隊は隊長の木村が先ず戦死。更に副隊長も後に続き、14名の少年達が此処に命を落とした。二本松藩主丹羽家菩提所「大隣寺」の境内には隊長木村銃太郎、副隊長二階堂衛守を含む少年隊戦死者14人の供養塔が建立されている。維新の夜明けを待たず、愛する郷土及び家族を守るため激戦の果てに散った少年隊士を弔う参詣者の献花と香煙は、今なおその悲劇を伝えている。此の戦いに殉じた純粋可憐な少年達は、会津白虎隊に優るとも劣らないと伝えられる。