So-net無料ブログ作成
検索選択

戦後レジュームから脱却して何処へ向かう? [政治]

私達は今から約70年程前に新憲法を制定し、旧体制(戦前のレジーム)に決別し新しい国になることを誓ったた。之が戦後レジーム(戦後体制)である

此の新しい憲法に依る新体制の下で、我が国は国民一人一人を大切にする新しい日本に生まれ変った。国家権力に依る国民の教育や思想への介入も禁止した。又、海外で軍事力を行使する事もくい止めて来た。新憲法で国家権力を縛り、私達国民一人一人の権利や自由を守り、此の国の平和も守られてきた。戦後レジームから脱却すると云う事は、之等の価値を全て否定し、何処へ行き何を企むのか?理解できない。

先日、司馬遼太郎さんの没後20年を記念しNHK.TVで「この国のかたち」が放映された。 其の機会に同書を再読してみた。読み始めると間もなく...第1巻3.章”雑貨屋の帝国主義”で、以下は夢だったのかどうかは、わからない。としつつも、俺は「日本の近代」だと言い、それも1905年から1945年迄(日露戦争の勝利から太平洋戦争敗戦迄)の「俺を40年と呼んでくれ」と云っている「異胎」との逸話が出てくる「君は生きているのか」との問い掛に「俺は死んだと思っている。しかし見る人によっては、生きているだろう、もっとも人里へ降りて行って害をもたらすということはもうあるまいが」といった場面がある。そして、歴史もまた1個の人格として見られなくもない、日本史はその肉体も精神も十分に美しい。ただ、何かの変異がおこって遺伝学的な連続性を失うことがあれば「おれがそれだ」と此の異胎は云うのである。と繋がる。

日露戦争後5年にして韓国を合併し、独立を奪い、軍の一部に過ぎない参謀本部が天皇でさえ行使した事の無い統帥権を行使できると錯覚し、満州国を建国し、日中戦争に突入し、近隣諸国から爪弾きにされつつも列強を相手に大戦に臨み敗戦を迎える。果たして、此の「異胎」の「40年」(美しい日本の歴史が突然変異した日露戦争勝利から第2次世界大戦敗北迄)が向かうべき美しい国であって、戦後レジュームから脱却して向かうべき処なのか?この国のかたち」の作者に変り私は問いたい。




よくこの様な事が言えたものだ! [政治]

戦後70年間、歴代内閣は一貫して「専守防衛の為に個別的自衛権の行使は出来る」が「他国に協力しての集団的自衛権の行使は出来ない」と憲法9条の条文を解釈し、此の国の平和と繁栄の礎を築いて来ました。処が、多くの憲法学者の違憲論に耳も傾けず、大多数の国民の反対も押し切り、唯一介の内閣が国家の最高法規を曲げて解釈し閣議決定のみで「集団的自衛権行使も出来る」として「安全保障関連法案」を国会に提出し多数の力を頼りに可決させてしまった。

憲法改正を待たずして、我田引水の9条解釈に依る集団的自衛権行使容認及び安全保障関連法案可決は容認出来得る範囲を超え、之が法治国家の内閣及び政権与党の為すべき行為かと多くの国民を驚かせる出来事でもあった。

処が、先の国会で他党の質問に答弁に立った首相は「憲法に指1本触れてはならないと考える事で思考停止になる。我が党では既に憲法改正法案を用意している」等と宣う。では、歴代内閣の憲法9条に纏わる解釈を急遽変更し、集団的自衛権行使迄認め「安全保障関連法案」を国会に提出する以前に、何故?正々堂々と憲法改正法案を国会に提出しなかったのか。今更この様な事がよく言えたものだ。例え多数党の総裁と云えども、之では正に1党独裁の彼の国の領袖の様ではないか?