So-net無料ブログ作成
検索選択

軍隊の町に過ごした少年時代 [同窓会]

大東亜戦争開戦の前年(昭和一五年)“サイタサイタサクラガサイタ”で入学たした私達は、年生の夏に終戦を迎えました。年生の時に昭南島(シンガポール)陥落を祝って戴いたゴム毬は「欲しがりません勝までは!」の時代のうれしい記憶です。「銃後を守る小国民」として勤労奉仕に明け暮れし、殆ど勉強などした覚えは有りません。夏休みの宿題は、種を絞って航空機の潤滑油に茎は剥いて軍服生地の素材に、との事で肥麻(ヒマ)の種が先生から配られ栽培したり、街路樹の松の木が各人に割り当てられ軍用に松ヤニを採ったりしました。馬糧の干し草刈も割り当ての1貫目は大変で祖母に応援して貰ったおぼえがあります。夏休みが終わると下級生は出征兵士の家の農作業を手伝い。3、4年生は飛行場でピカル(磨き砂)による機関砲の弾磨き。56年は飛行機の格納庫壊しでした。敵空母が九十九里沖に有り警戒警報も発令されず即空襲で、格納庫に登っての作業では、地上に降り立つ暇も無く、艦載機P51が来襲し、操縦桿を握る敵兵士の顔も肉眼でハッキリ見える近さで機銃掃射を受けました。芋畑を転がって逃げ廻り、防空壕に飛び込んだ記憶も有ります。日中の作業に疲れへとへとになり横になると、夜中には決まってB29依る空襲がありました。無差別に投下される焼夷弾が雨霰のように降り注ぎ隣の街を焼き尽くし家の近くまで迫って来た時も有りました。八月になると新型爆弾が広島長崎に投下され、玉音放送があり、涙を流した記憶が有ります。学校の授業は有りましたが、先生方も途方に暮れているご様子でした。暫くは何をする気力も有りませんでした。やがてMPが検査に来るとの事で、ご真影の撤去作業や教科書の墨染等で気を遣いました。敗戦の日を境に兵舎では駐留軍が来る前に連日重要書類などの焼却が始まりました。書類などに火を掛け何日も燃やし続けておりました。其の一方、荷馬車や三輪車が行列を作り、軍事物資の奪い合いが始まりました。敗戦国民のあさましい姿が白日に曝され子供ながら情けなく遣る瀬なく感じた事を覚えています。一方敗戦の責任を負って自刃された同窓生の父親もおられ、戦に負けた悔しさや虚しさを実感致しました。やがて進駐軍がこの町にもやって来ました。背の高い黒人の米兵が家の中まで入って来た時には何をされるかわからず、唯、不安に慄いているだけでした。然し、夜中の空襲が無くなっただけ、ホッとした毎日でもありました。そんな町に育ち終戦を迎えた小学校の同窓会が20日に有り、久し振りに参加致しました。傘寿を超え既に鬼籍に入られた級友も多く黙祷に始まる集いでした。命をながらえ級友と昔を懐かしみ歓談し時の経つのも忘れました。この平和がいつまでも続く事を願うばかりです。