So-net無料ブログ作成
検索選択

房総の奥座敷-木更津、亀山湖、清水川渓谷 [旅行]

先月下旬、房総の玄関口として新装なった千葉駅に集合、湾岸沿いを走る内房線に乗り換え、伝説の巷木更津へと向かった。此処は東京湾に面した交通の要所で廃藩置県の折一時木更津県の県都ともなった街である。古事記の「君去らず伝説」にもある程、古くから栄えた港町である。-日本武尊は、旅先で美しい弟橘姫と巡り会い后に迎えた。そして蝦夷征伐に向け共に相模の速水から上総へ渡ろうとした折、海神の怒りに触れ俄かに海が荒れ出し、あわや之迄…と思われた時、弟橘媛は、尊の身代わりとなり海に身を投じ難を救った。やがて上総の港に上陸した尊は愛する媛の俤を偲び、何時までも立ち去らなかったという。-之が「君不去」=「きみさらず」=「きさらず」=「木更津」の地名の起こりと伝えられる。尊がいつまでも立ち去らなかった大田山に登り、山頂の「木更津市郷土博物館」に入館し、此の地方に纏わる縄文式土器の発掘された場所や湾岸に栄えた船便の歴史を学び、突端にヤマトタケルとオトタチバナ媛の立像を掲げた「君去らずタワーに登った。此処からは媛が身を投じた東京湾は愚か対岸の相模の国迄見渡せる素晴らしい景観が望める。日本武尊で無くても暫くは立ち去り難い気持になる。

江戸時代になると内房の名だたる港は「五大力船」と称する帆船を有し、江戸との交易が盛んになり、町人文化も流入した。—「しがねえ恋の情けが仇、命の綱の切れたのを、どう取り留めてか木更津から巡る月日もみとせ越し…」のセリフで有名な歌舞伎「世話情浮名横櫛」。これが昭和では演歌となり♪粋な黒塀見越しの松に仇な姿の洗い髪♪の「お富さん」……となる。…与三郎はヤクザの妾お富との密会がバレ全身を切り刻まれ簀巻きにされたが、お富はその場を逃れ、海に飛び込み死んだと思っていたのだが…江戸で質屋の大番頭に囲われ優雅に暮らしていた。其処に「蝙蝠安」と連れ立って昔の男「与三郎」が登場…生きていたとはお釈迦様でもご存事あるめえ…」ってな訳である。その他、木更津甚句は五大力船の船乗の舟唄がもとで、幕末に当地出身の噺家「木更津亭柳勢」が江戸の高座で披露し流行らせ、大正時代に再び当地出身の芸妓「若福」が新橋の座敷で披露し花柳界で流行し全国に広まった。                               ハアー                                                                                                 木更津照るとも東京は曇れ                                                                                       かわい男が                                                                                             ヤッサイモッサイヤレコリャドッコイ                                                                                  コリャコーリャァー日に焼ける                                       

陸路が未発達な時代には 、船旅が主流で、京からは船で相模や江戸へ、そして江戸から川船で利根川を遡るか、相模から海上を上総へ渡り、常陸へ、更に蝦夷松前へと旅をした。木更津は其の要所として賑わった。昭和の後半にはカーフェリーも活躍したが、陸路も館山自動車道圏央道(首都圏中央連絡自動車道)や東京湾アクアラインが交差し湾上には「海ほたる」陸側にはアウトレットモール等も出来て今も交通の要所となっている。話は変るが…・戦後ラジオ英会話平川唯一先生の♪come come everybody…のメロデイが音痴な私には如何しても証城寺の狸囃子」に聞こえてならない…其の「証城寺」や与三郎の墓のある「光明寺」も観光の名所となっている。近頃では「木更津キャッツァイ」や人気ロックグループ「気志團」も此処の出である。先の大田山で時間を取り過ぎ「証城寺や光明寺」は次回にし、此処が始発の久留里線に乗り換え、見頃が十二月初旬と関東では一番遅い紅葉の名所「亀山湖」に向かった。ぶらぶらと辺りを眺め乍ら湖畔に辿り着いた時は既に午後三時を廻っていた。早速、予約してあった湖畔の宿に入り、チョコレート色の美肌の湯に浸かり疲れを癒し明日の紅葉狩りに備えた。

翌朝は、湖上からの紅葉狩りを楽しもうとクルージング船乗り場へと向かう。軽快なエンジン音をバックミュージックに水面と対に映える見事な紅葉に見惚れ、船頭さんの説明も虚ろな囁きに聞こえる様な至極の時を暫く過ごした。其の後、宿の主人のご厚意に甘え「幽玄な秘境」と俄かに有名になった清水川渓谷の「濃溝ノ滝」迄送迎して戴き…嘗て地の農家が用水確保の為手掘りで完成させたと云う「奇跡のトンネル」内を流れ落ちる絶景を鑑賞し、紅葉林の渓流沿いの木道を散策し、再び宿に戻り亀山湖の大橋から鴨川ー千葉間の急行バスに乗り「東京ドイツ村」経由でJR千葉駅に向かい帰路に就いた。


nice!(31)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 31

コメント 1

majyo

木更津ですが、通過した事は在っても立ち寄った事は無いような?
歌舞伎のセリフ、どうとりとめたか木更津のはよくわかります
そして与三郎も

木更津甚句 これも子供の頃から歌っていました
父が晩酌の時に歌っていたからです
節回しは難しいです。
耳年増でしたね(笑)
by majyo (2016-12-07 20:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: