So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

戦争遂行に利用された虚像 [歴史]

DSC00005.JPG日清、日露から大東亜戦争敗戦に至る我が国の政治を顧みるに、所謂、長州閥と称される「松下村塾」の影響を受けた政治家達抜きに考える事は難しい。刑死した松陰を神格化し、彼の覇権主義的な部分を政治に取り入れた事に全てが始まる。

松陰は1830年長州の萩に長州藩士の次男として生まれ、5歳にして山鹿流兵学師範の叔父の養子となる。21歳から国内各地に旅し、自己の知識を研鑽し倒幕の必要性を思考する様になる。1854年米艦に密航を企て投獄される。1857年叔父の塾を継ぎ、新たに「松下村塾」を主宰した。其処では武士以外の兵を含む騎兵隊を創設した高杉晋作や久坂玄瑞、入江九一、吉田稔麿、山形有朋、伊藤博文等々、維新後、明治政府の柱となった人材を多く輩出した。

松陰は1859年大老井伊直弼の「安政の大獄」に連座し斬首されたが、其の理由の一つに・・・幕府老中及びペリー提督暗殺計画の実行を久坂玄瑞宛てに「今より手を下し米の使節を斬るを以って任となせ」等命じた内容も検証されている。

「松下村塾」が下級武士や平民、百姓にも門戸を開き、平等思想実現を目標に教えていた様にも云われるが、実は「国を守るは武士であり武士こそ第一と身分秩序を重視する思想も有していた。

一方では、日本がアジアを制し西欧列強に対抗する戦略を考え「朝鮮を取り、満洲を拉し、志那を圧し、インドに臨み、以って進取の勢いを張り云々」と説いている。

原田伊織氏は著書「明治維新と云う過ち」に、維新後の日本は長州閥の支配する帝国陸軍を中核勢力とし、松陰の主張通り広大なエリアに進出し、最後には自国迄滅ぼしてしまったと記している。

“松陰の本質は教育者以前に革命家であり、要人暗殺を謀り政権転覆を図った「テロリスト」と云っても過言では無い。

教育者の面が強調され始めたのは、大正の終りから昭和の初めに掛けてであり、1927年の「修身」の教科書には、松陰は「松下村塾」を開き、「尊皇愛国の精神を養う事に務めました」とだけ書かれている。然し・・・松陰は死後神格化され弟子達に利用され続けた。 当初、松陰の尊皇攘夷思想は長州でも異端視されていた。・・・尊皇攘夷は本来倒幕要素を含むイデオロギーでは無いにも拘らず、長州では 1862年以後次第に其れが倒幕的色彩を帯びていった。刑死した恩師松陰を久坂玄瑞をはじめとした塾生がが神格化し、倒幕の象徴として祭り上げ、其の後も多くの長州閥政治家達は戦争遂行の為之を利用して来た。

・・・神格化された吉田松陰は使い勝手の良い虚像であり、裏に多くの思惑を感ぜずにはいられない。

 

 

 


nice!(47)  コメント(0) 

維新以後8名も総理を出した長州 [旅行]

DSC00002.JPG 一地方に過ぎぬ山口が何故?8名もの首相を出し得たか?

長州の歴史を実感してみようと羽田から空路旅に出た。

次回には長州出身の政治家の心の糧となった吉田松陰に付いてこの旅で得た私感を少し述べさせて戴く積りです。

県史概略

【古代】
 アジア大陸に近い山口県は、早くから大陸文化の影響を受け、紀元前2~3世紀には稲作技術が伝わり、水稲耕作が行われてきた。4~5世紀頃、大和政権による統一国家が形成され、6つの国造(くにのみやつこ)と1つの県(あがた)が置かれ、更に、7世紀には、大化の改新により、周芳(すわ)=周防(すおう)、穴門(あなと)=長門(ながと)の2国に統合。

【中世】
 平安時代から鎌倉時代にかけては、周防国では朝鮮半島の百済の王族を祖と称する大内氏、長門国では厚東(ことう)氏が、確固たる地位 を確立した。
 室町時代に入ると、大内氏が、弘世(ひろよ)(24代)の時、防長二国(周防、長門)を平定した。そして、山口に京の都を模した町を造ると共に、朝鮮や明との貿易で財力を蓄え、大陸文化の導入に努めた。其の結果 、山口は全国で有数の大きな都市として栄え、「西の京」と呼ばれるようになり、大変華やかな大内文化が開花した。
 栄華を誇った大内氏も、義隆(よしたか)31代が家臣陶晴賢(すえはるかた)に討たれて衰え、其の陶氏を厳島(広島県宮島)の戦いで破った毛利元就が、やがて中国地方のほぼ全域に勢力を広げた。元就の孫の輝元は、豊臣政権にあって、8カ国を領国とするなど最盛期を誇った。

【近世】
 然し、1600年の関が原の戦いで敗れた毛利氏は、周防・長門2国36万9千石に領地を減らされてしまい居城を萩に築いた。以後、毛利氏は、もっぱら内政の充実に努めたが、藩財政は困難を極め、歴代の藩主は厳しい検地によって増石を計る一方、「防長の三白」(米、紙、塩)」に櫨蝋(はぜろう)を加えて「四白」)と云われる殖産政策を勧め、藩財政の強化に努た。其の結果 、長州藩は幕末には約100万石の実力を持つ様になった。又、藩校明倫館を中心とする教育風土は吉田松陰、高杉晋作など数多くの人材を輩出し、明治維新を推進する中心的存在となり、我が国の近代国家成立に大きな役割を果した。

【近現代】
 
幕府が滅び明治政府が成立(1868年)すると、長州藩は他藩に率先して土地と人民を政府に戻し、1871年の廃藩置県により現在の山口県が誕生。明治政府は、多くの新しい制度を取り入れ、近代化政策を推し進め、中でも、近代工業の導入と振興に努めた。当県ではセメント製造や硫酸製造の工場設立する等、近代工業の芽生えが見られたが、まだ明治時代は農業を中心産業とする県であった。
 大正期に入ると、県内の豊富な鉱物資源や恵まれた港湾条件等を利用し、瀬戸内海沿岸地域には、造船、化学、機械、金属等の工場を次々に設置し、昭和の初期には農業県から工業県へと転換した。其の後も重化学工業を中心に成長を続け、第二次世界大戦後には、石油化学コンビナートを形成する等、全国有数の工業県に発展した。

一方、農業、林業、水産業等の第一次産業は工業化の進展と共に産業としての比重が低下した。更に、近年に於いては都市化の進展に伴って、商業、サービス業等の都市型産業が成長を続け、従来の産業分野を乗り越えた多彩な産業活動が活発化し、新産業の創出や新規事業の取組み展開している。 県の人口推移は、明治維新の頃に約80万人であったが、明治の終り頃には100万人を超え、第二次世界大戦後(1948年頃)には150万人を突破。其の後、一時期160万人を超えたが、近年人口の大都市集中や少子化等に依って減少傾向にある。

 

DSC00008.JPGDSC00007.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

  

 

 

 


nice!(18)  コメント(0) 

国立歴史民俗博物館 [写真]

vcm_s_kf_repr_832x624.jpg国立歴史民俗博物館にお出掛けの際は、是非、四季の移ろいを鮮明に描き出す佐倉城址公園を散策し、日米通商友好条約締結に努力された堀田正睦公及び米国大使タウンゼント・ハリス公の像をも御覧下さい。

nice!(37)  コメント(0) 

歴史に残る堀田公の家系 [歴史]

 堀田家は「3代将軍家光」の乳母「春日局」の縁続きの新興勢力であったが、

天和=大老(堀田正俊)、将軍綱吉の初期の大老堀田正俊は「天和の治」と云われる一時代を築いた。財政機構改革。

堀田正俊は、我が物顔で幕政を取り仕切る、旧門閥を押さえ、将軍の意を存分発揮出来る体制を築いた。然し、江戸城内の御座の間で、若年寄り稲葉正休に突然殺害されてしまった。下手人稲葉も現場に居た老中に取り調べもせず討ち果たされた。稲葉家も堀田家と同様「春日局」の縁者として台頭した一族で、云わば親族である。何故?殺害されたかは不明である。大老の権力増大を恐れた将軍綱吉の意を受けた上意討ち?との説もある。

正俊と意見が合わぬ事が多くなっていた将軍は、之を機に老中の力を削ぐ事に力を入れ、正俊の遺児も僻地に左遷し、以後の幕政は将軍綱吉の絶対的親政となり実務面は側用人、特に柳沢吉保を中心に動く事になった。従来の日本史にある犬公方綱吉の悪政が行われた元禄時代に突入する。綱吉の統治時代は強力な独裁政治が行われ、其の腹心が天和期では堀田正俊であり、元禄期は側用人柳沢吉保であった。

 

堀田正睦=「国運を伸長するの道は開国に有り、国力を増強する策は通商に有り」との信念を持つ佐倉藩主堀田正睦は尊王攘夷鎖国派の福山藩主安倍正弘に替わり老中首座に在って日米友好通商条約締結に向け尽力した。

 

国立歴史民俗博物館の有る佐倉城跡公園内に両公の偉業を偲び地元有志に依り建てられた

佐倉藩主 堀田備中の守正睦公及び 米国大使タウンゼント・ハリス公の像

vcm_s_kf_repr_832x624.jpgvcm_s_kf_repr_832x624.jpg


nice!(13)  コメント(0) 

日米修好通商条約 [史実]

私達が日本史で学んだ日米修好条約は不平等で稀代の悪条約とされていた然し、現在では、此の条約があったればこそ、我が国は清国を始め、インドや東南アジア諸国の様に 西欧列強の餌食になもらず、植民地にもされずに、近代国家として独立存続する事が出来たと考える人も多くなっている。                                                                                                                                 何故ならば 、日米修好通商条約はアメリカ側に領事裁判権を認め、日本に関税自主権が無かった事等から、一般に不平等条約と云われるが、条約の付則第七則で定められた関税率は、漁具、建材、食料などは5%の低率関税であったが、それ以外は20%であり、酒類は35%の高関税であった。又、第二条に「日本國と欧羅巴中の或る國との間にもし障り起る時は日本政府の囑に應し合衆國の大統領和親の媒となりて扱ふへし」と規定されており、・・・之は、欧羅巴列強と我が国の間に揉め事が発生した場合、アメリカが仲立ちをする事を宣言したもの・・・で、 「安政5か国条約」の相手国(イギリスフランスオランダ・ロシア等欧羅巴列強)は我が国との間に揉め事が発生した場合にはアメリカ大統領を相手に交渉する事を覚悟せねばならず、中国や東南アジア諸国の様に、た易く自国に有利な取り決めをする事は不可能であった。

此の条約は大老井伊が締結し、13代将軍家定が署名したのだが、 実は・・・尊王攘夷鎖国派の老中首座福山藩主安倍正弘がハリスとの交渉に行き詰り、困り果てた挙句、西欧列強の事情に明るい、アヘン戦争や植民地の状況を熟知し、最早、此処に至って鎖国継続は・国の行く末が危うい・と懸念する佐倉藩主・堀田備中の守正睦を老中首座に推挙し、タウンゼント・ハリスとの交渉全てを任せていた。・・・ 堀田は八方に手を尽くし此れを纏め上げ、締結寸前にあった。                   然し、尊王攘夷を旨とする公家八十八卿や、”備中には腹を切らせハリスは首を刎ねる!”と迄云う尊王攘夷の総帥、水戸の烈公「斉昭」の反攻は強烈であり、其の対応に苦労していた。・・・       折しも、紀伊の慶福か水戸徳川斉昭の7男、一ツ橋慶喜か?第13代将軍家定の後継問題が勃発した。・・・堀田は之を利用し、「斉昭」籠絡の為、慶喜を推挙する策に出た。 其れを疎ましく思う紀伊の慶福を推していた将軍は、突如、堀田を罷免し、井伊直弼を大老に任じてしまった。条約は堀田正睦とタウンゼント・ハリスが纏め上げた儘の内容で井伊が締結する事になった。史上、此の条約に堀田正睦の名は無い。堀田が全てを成し遂げていたならば・・・やがて明治維新に繋がる・安政の大獄も桜田門外の変も避けられていただろう。 ・・・佐倉城址公園には此の条約を纏め上げた藩主の偉業を偲び、堀田正睦及びタウンゼント・ハリス両公の銅像が地元有志に依り建立されている。    国立歴史民俗博物館見学の際には四季の移ろいを鮮やかに映し出す此の公園を散策し是非ご一覧戴きたい。                                             

 


nice!(20)  コメント(0) 

歴史を考える…再び過ちを犯さぬ様・明治維新を見直そう・・・ [近代史]

私達が学んだ歴史では薩長連合は攘夷を唱え開港に反対し、王政復古を旗印に庶民を巻き込んで倒幕し、自前の新政権を立ち上げて、明治維新を成し遂げた。更に、富国強兵を唱え、日清、日露、の戦いに勝利し、大東亜戦争に突入した・・・。であるが、日清、日露の戦いから大東亜戦争(第2次世界大戦)敗戦に至る間は司馬遼太郎が著書「此の国のかたち」に、日本の歴史上「異胎の40年」と表現されている、・・・即ち、長い日本の歴史上、此の国が辿って来た有様とは全く異なる40年・・・即ち、全てが戊辰戦争勝利の「勝てば官軍」の理屈が罷り通った期間・・・、其の陰に活躍した維新の立役者と云われる数々の英雄が・・・果たして如何なる者であったのか?・・・多くの疑問が残る。・・・

明治維新は尊王攘夷を唱える薩、長、土、の下級脱藩浪士達(現在で言うなればテロリスト達)が幕府及び譜代大名の弱体化に乗じ日米修好条約に基づく開港にクレームを付けて、運よく倒幕に成功し・・・、当時彼等の戦力及び資金力を幕府方と比較して彼等・薩長土連合の勝利は運を除い考えられない)・・・王政復古を名目に天皇の名を語る自前の政権を立ち上げたに他ならない。・・・そして、旗印であった尊王攘夷を翻し、夷国・西欧の制度を真似た自前の政権を立ち上げ、臆面もなく鹿鳴館に代表される上辺だけの西欧文化に現を抜かす体たらくを演じた。・・・更に日清、日露戦争の勝利を、国力に依ると過信してしまった事である。・・・日清戦争の勝利はアヘン戦争及び、アグイン条約に伴う露国及び西欧諸国による植民地化と清王朝の乱れ等相手国の内部事情が全てであり、日露戦争の勝利も又、赤化に伴う帝政ロシアの混乱に乗じての勝利で、決して連合政府率いる我が国の力が優れていた訳で無い事は明白である。・・・之等の勝利は全て“漁夫の利”で有ったのだが、実力と思い込んだ陸軍参謀本部は当時天皇だけが持つとされた「統帥権」迄を干犯し、為すが儘に大陸に出兵し、満州国を建国し、朝鮮半島も含め配下に収め、更に世界の一等国たらんと夢見て先の大戦に臨み惨憺たる結末を招いてしまった。・・・ 之が戦前のレジュームであり、司馬遼太郎氏の云う「異胎の40年」の根幹である。戦後レジュームより脱却して何処に向かう?・・・「異胎の40年}に向うのであれば「悪夢再来」と云うより他は無い・・・敗戦に依り、漸く我が国本来の歴史に繋がる機を織る機会が到来したと云うに・・・ 

 

 

 

 

 

 

 


二本松少年隊 [旅行]

3月下旬、久し振りに岳温泉に遊んだ。東京駅は22番線ホームで落ち合い、郡山駅で東北本線に乗り換え二本松駅に降り立つ。駅舎を出たとたん、先ず目に付いたのが鉢巻をキリリと締め、刀を振りかざした少年の像である。・・・・台座には・二本松少年隊士像・「霞城の太刀風」・と刻まれている。
鳥羽伏見の戦いに続き、戊辰戦争が始まり、京都守護職であった会津藩主松平容保を目の仇と狙う薩長連合の官軍は錦の御旗を掲げ、会津は鶴ヶ城を目指し怒涛の進撃を開始した。東北諸藩は、「奥羽越列藩同盟」を結成し之に立ち向かった。・・・・其の頃、二本松藩では西洋流砲術師範の長男木村銃太郎が、江戸での修業を終え二本松に戻り、砲術指南をしていた。(NHKの大河ドラマ「八重の桜」でも取り上げられた、二本松藩の少年隊は銃太郎と其の門下生=13歳を最年少とするあどけない少年ばかりである。)・・・・二本松藩は各藩に応援兵を出し、中でも白河小峰城へ出した援軍の武士達が戻らぬ内は、城内、城下は空虚同然であった。折しも7000を超える新政府軍は周辺にまで迫り、猛烈な勢いで攻め込んで来た。城を守る正規軍は殆どおらず、僅かな老兵と銃太郎率いる少年隊があるのみ。城代家老で軍事総督の丹羽富穀は、止むを得ず、断腸の思いで木村銃太郎を隊長とする此の少年達に出陣の許可をした。銃太郎率いる砲術部隊は最大の激戦地、城南の大壇口(おおだんぐち)に出陣、門下生16人を含む25人の少年隊士は果敢に応戦した。他に12歳から17歳の少年も此れに續き、合わせて62人の少年達が官軍に立ち向かった。然し、多勢に無勢、刀折れ矢弾尽き、少年隊は隊長の木村が先ず戦死。更に副隊長も後に続き、14名の少年達が此処に命を落とした。二本松藩主丹羽家菩提所「大隣寺」の境内には隊長木村銃太郎、副隊長二階堂衛守を含む少年隊戦死者14人の供養塔が建立されている。維新の夜明けを待たず、愛する郷土及び家族を守るため激戦の果てに散った少年隊士を弔う参詣者の献花と香煙は、今なおその悲劇を伝えている。此の戦いに殉じた純粋可憐な少年達は、会津白虎隊に優るとも劣らないと伝えられる。

 




















 




史上「異胎の40年」と最近の政情 [近代史]

明治維新は、尊王攘夷を唱える薩長連合が、幕府及び譜代大名の弱体化に乗じ、開港を理由に倒幕し王政復古を建前に天皇を利用し、自前の政権を立ち上げたに他ならない。倒幕に成功するや、尊王攘夷を翻し、西欧を真似た連合政権を打ち立て、臆面もなく鹿鳴館に代表される上辺だけの西欧文化に現を抜かす体たらくを演じた。更に、日清、日露の戦に勝利した事で国力を過信した。                                然し、日清戦争の勝利はアヘン戦争、アグイン条約に伴う西欧諸国による彼の国の植民地化と清王朝の乱れ等相手国の内部事情が全てであり、日露戦争の勝利も又、赤化に伴う帝政ロシアの混乱に乗じての勝利で、決して連合政府率いる我が国の軍が優れていた訳で無い事は明瞭である。これ等の勝利は全て漁夫の利で有ったのだが、実力と思い込んだ陸軍参謀本部は当時天皇だけが有した「統帥権」までを干犯し、為すが儘に大陸に出兵し、満州国を建国し、朝鮮半島も含め配下に収め、更に世界の一等国たらんと夢見て先の大戦に臨み惨憺たる結末を招いてしまった。・・・・            

昨今の政治情勢を鑑みるに、・・・・前段の史実を知るや知らずや、司馬遼太郎氏の云われる日清、日露戦争以来大東亜戦争に至る「日本史上異胎の40年」の反省を試みる迄も無く・・・・、小選挙区制度に依る権力の肥大を好い事に、権力者が往時に郷愁を覚え、多くの学者の違憲論にも聞く耳持たず、改憲も径ず、嘗ての統帥権干犯まがいに国民主権を犯し、同盟国と肩を並べて海外に派兵し、世界のリーダーたらんとする思い上がりには聊か穏やかならむ気配を感じる。・・・・ 戦後レジュームよりの決別を唱えるに至っては、此の上無き不安に怯える。




少子高齢社会の行く末 [福祉]

私達、高校の同期生7~8名のグループは現役時代には自営に、官公庁に、民間企業にと立場こそ違え互いに協力し合い、其々、地域社会に些かなりとも貢献して来たと自負しています。そして、定年を境に傘寿を過ぎた現在でも年に3~4回は連れだって優雅に国内旅行を楽しんでいます。 然し、此の様な事の出来る社会はそう長くは続かない。・・・・2015年の介護保険制度改定で、一定額以上の所得を有する者は利用料の自己負担が1割から2割になり、部屋代や食費等の補助対象要件も厳しくなった。・・・・之等利用者負担増の影響について、全国7705ヵ所の特養にアンケートした結果が、本日の朝刊に掲載されていた。101施設で「利用料の支払が出来ず退所する者が出た」311施設で「配偶者が生活苦に陥った」206施設で「利用料の滞納者が増えた」との回答が有ったとある。…・其の上、之だけはと頼りにしている年金は下がる一方・・・・いつまで生きているんだ!いい加減にしてくれ!と云わんがばかりの対応だ。
内閣府発行の高齢者白書によれば2060年の此の国は2・5人人が65歳以上、人に人が75歳以上の超高齢社会を迎えるとある。・・・・現状のまま推移する先の社会は、年老いた者など介護する余裕さえない楢山節孝の世界になっているだろう。                      北欧の福祉国家スエ―デンの首相経験者で経済学者でもあるラインフェルト氏は、やがて私達の半数は、100歳迄も生きる様になるだろうと予言している。若し、其の通りになり、そして、少子化が更に進めば姥捨て山に捨てに行く者さえ居なくなる。                    若し、私達が100歳迄も生きたなら…・平成47~8年(2035~6年)頃…・年金は更に減り、介護費用は鰻登りになっている。子供達も定年を過ぎ、介護する者など何処にもも居ない高齢老人ばかりの社会となる。誰にも頼らず消え去る努力をする以外に道はない。息を引き取る間際迄健康を保つ努力は当然だが、そう思い通りには行くまい、年金が減額され、医療費の自己負担割合が増えた分、病床に就いてから臨終迄の生活(療養)費を補う蓄えも必要である。‥‥然し、其の様な余裕は更々無い。‥‥だが、例え、金銭を支払う余裕が有っても看てくれる者など何処にも居ない社会になっているかも知れない。‥‥安楽死だけが一縷の望み。行政が孤独死対策だけに追われる時が間もなくやって来る…・其の時になってからでは手遅れで、孤独死対策さえ出来ない社会になっているだろう。




安倍首相の国民総活躍社会とは? [政治]

国民総活躍社会とは性別、年齢、障害等全ゆる状態の国民が其々の能力に応じ活躍出来る社会の事であり、社会の多様な姿に対応可能な政策が不可欠である。従来の様に現役世代だけが働いて高齢の退職世代を支える「世代間扶養システム」の継続は、少子高齢化の続く現状(成熟社会)では財政上不可能であり、ジェネレションフリーの相互扶養の共生社会」に移行せざるを得ない。然し、其れには未だ多くの組織や職場に様々な課題が残っている作れば売れる」時代とは異なり、今迄に経験した最善の方法 (ベストプラクティス)実施しても、必ずしも以前同様な成果が得られるとはらない時代であるだからこそ、多様な思考見識を受け容れ対応出来る体制を整え解決策を見出す事が要求されている"此の道しか無い”等多様性に水を差す様な発言は厳に慎むべきである。







 




前の10件 | -